スポンサードリンク

2009年02月28日

ねずみの被害について

ねずみの被害について
ねずみの被害について調べてみると、
実に多くの被害があることが分かるかと思います。

簡潔にいうと、ねずみが原因で火事を起こしたり、
交通麻痺、また衛生面でも影響を及ぼしているということです。
例えば経済的被害では、農産物や食品などを食害したり、
通信設備やケーブル、電線などをかじり停電やコンピューターをダウンさせたりします。

衛生面ですとねずみが噛むことによりそこからサルモネラ菌をはじめとした食中毒菌や感染症、
寄生虫病を伝染させたりします。
ねずみは人間の身体に悪影響だということが分かるかと思います。

またねずみにもいくつか種類があり、
ドブねずみ・クマねずみ・ハツカねずみと分かれています。
なかでもドブねずみは大型で、獰猛です。
また基本雑食でありながら肉や魚などの動物食を好むのも特徴です。
ではどのようにしてねずみがこない環境をつくれば良いのでしょうか。
答えは簡単、発生させないよう常にクリーンな状態にしておくことです。

ねずみの被害にあっている場所を考えてみましょう。
ゴミの山や調理場などの水場、
とにかく汚れた場所に現れやすくなっています。
とうぜん汚い状態にしていたらねずみも大喜びです。
ですので、まず整理整頓を心掛け衛生面をきちんとすることです。
ゴミを長い間置きっぱなしにしたり掃除を怠っていてはねずみを誘っているようなものです。
ねずみの退治には、やはり基本は発生・侵入させないことがもっとも良い方法だといえます。
ねずみはたくさんの菌を持っていますので、もし侵入されてしまった場合はすぐさま自分で退治するか、
業者に頼んで退治するようにしましょう。
posted by ねずみ退治 at 03:58| Comment(17) | ねずみ退治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超音波によるねずみ退治

超音波による退治
超音波による退治方法は、ねずみ退治の方法の中でももっとも効果的といわれています。
なかでも人気の高い商品は「NEWペストコントロ」と呼ばれるもので、
超音波だけでなく電磁波でも同時に退治してくれます。
また操作方法もとても簡単で、コンセントに差し込んでスイッチを入れるだけです。
ねずみが超音波に慣れないよう、周波数が定期的に切り替わるのも特徴的です。
超音波による退治はねずみ捕りや殺鼠剤による死骸がいっさい残らないので、
手間いらずで退治することが可能なため、多くの方が使用しています。

ペストコントロの効果はねずみには害があるものの、
人間や犬、猫、鳥やそしてテレビやパソコンなどの機械にも影響はありません。
ただハムスターやうさぎ、昆虫を飼っている場合は使用することは不可能となっています。
飲食店や食品工場でも不可能です。
また設置して最初の2か月は潜んでいたねずみが室内に現れる可能性もあるので、
その際は殺鼠剤やねずみ捕りなどの従来のねずみ退治方法を併用することをおすすめします。
設置場所に関してはねずみの巣がある場所に設置するのが一番です。
もっとも効果的な場所は屋根裏といわれています。
屋根裏に使用する場合は、延長コードなどを使うと便利です。
もちろん延長コードを使用しても効果は変わりありません。

このペストコントロはいくつか種類がありますので、
自分の家に合ったサイズを使うとより効果を得られます。
サイズは15坪〜16坪、70坪、140坪とあり
140坪は大きなホールや奥行きの深い部屋など小型では効果が足りないという方におすすめな大形のペストコントロになっています。
posted by ねずみ退治 at 03:57| Comment(0) | ねずみ退治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低周波によるねずみ退治

低周波による退治
低周波による退治方法は、超音波と同じようなものでその発生装置を部屋の中心に装備しねずみの侵入を防ぎます。
低周波はねずみがもっとも嫌うため、効果が高いといわれています。
しかしながら低周波を設置する前に家に潜んでいたねずみは大きな確率で室内に出てくる可能性があります。

低周波による退治で室内にねずみが現れた場合は、
ねずみ捕りや殺鼠剤と併用して使うことをおすすめします。
またねずみがその周波数に慣れてしまわないよう定期的に周波数が変わるものを使用すると良いでしょう。
設置場所ですが、場所によっては効果を発揮しないといいますから設置場所は重要になってきます。

ねずみが床で活動している場合は、
ねずみに直接超音波が当たるよう下のほうに設置します。
高い位置で活動している場合は上のほうです。
また1つよりもいくつか設置しておくと安心ですね。逆に設置の悪い例ですが、
簡単にいうと直接ねずみに超音波が当たらない場所に置くことです。
当然ですらそれでは設置していても無意味ですので注意してください。
屋根裏に設置する場合は横に倒して置かず、全体に超音波が行きとどくよう立てておきます。
横に寝かして設置すると隅に超音波が届かずねずみは安心して住みついてしまいます。

これらの装置は設置場所によって効果がだいぶ変わってきてしまうので、
より効果を発揮させるためには設置場所や角度に注意しながら設置するよう心掛けましょう。
もちろんねずみが周波数に慣れないよう、周波数を定期的に変更することも重要です。
機器によっては自動で変更するものもありますが、手動のものもあります。
posted by ねずみ退治 at 03:56| Comment(0) | ねずみ退治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。